【経営者必見】会社の電気代を簡単に削減する方法は電力会社を見直すこと!

会社や事務所の電気代が高くて困っていませんか?

 

世の中には色々な節電方法が紹介されていますが、実践しても思ったほど電気代が安くならないことはよくあることです。

 

電気代を少しでも削減したいと考えているならば、思い切って電力会社を切り替えるのも1つの方法です。

 

実際に個人事業主として店舗経営をしている私が、法人でも契約可能でおすすめの電力会社、エアコン代を削減するおすすめアイテムをご紹介いたします。

スポンサーリンク

【経営者必見】会社の電気代を簡単に削減する方法は電力会社を見直すこと!

Looopでんき

 

会社の電気代の削減を考えている方は電力会社を変えることを考えてみましょう。

 

【法人でも契約可能】おすすめはLooopでんき

2016年から電力自由化が始まりましたが、電力会社の変更は一般家庭だけではなく、会社やお店、事務所などでも乗り換えることが可能となります。

 

そのため、少しでも会社やお店の電気代を削減したいとお考えの経営者の方は節電も良いですが、電力会社を変えることで電気代を削減することが可能となります。

 

ではどこの電力会社がおすすめかというと私としては「Looopでんき」という電力会社がおすすめとなります。

 

Looopでんきは非常に人気のある電力会社であり、私自身も仕事場のテナントの電気だけではなく、自宅の電力会社もLooopでんきで契約しております。

 

Looopでんきの安さの秘密は基本料金が0円

Looopでんきに替えると電気代が安くなる秘密は「基本使用料が0円」という部分になります。

 

通常電気代というのは以下の2つからなります。

 

  • 基本使用料
  • 電力量料金(実際に使用した電力分)

 

基本使用料について抑えておきたいのが、契約しているアンペア数が高くなれば基本使用料も高くなってしまいます。

 

つまり、いくら節電を意識していたとしても基本使用料が高ければ、それだけ無駄に基本使用料を支払っているという見方もできると思います。

 

しかし、Looopでんきは実際に使った電力量に対して料金が発生する仕組みとなります。

 

Looopでんきに替えることで基本使用料が0円になれば、節電すればするだけ電気代を削減することができます。

 

Looopでんきは業務用エアコンの電気代も削減可能

Looopでんき ビジネスプラン

 

会社では業務用エアコンを利用していることが多いですが、この場合は電気の契約が別になることはご存知かと思います。

 

通常の電気の契約以外に業務用エアコン用に低圧電力(動力プラン)を契約する必要があります。

 

Looopでんきではこの低圧電力(動力プラン)も契約することが可能となっています。

 

ただし、低圧電力に関しては基本使用料が1KWに付き710円かかってしまいます。

 

私は5KWで契約をしているため、基本使用料は3,550円となります。

 

しかし、1ヶ月まるまるエアコンを使用しなかった場合はこの基本使用料のみの請求となりますが、基本使用料の半額の請求となります。

 

このあたりもLooopでんきの評判が良い理由ではないかと思います。

 

Looopでんきで削減できた電気代を公開

実際に私がLooopでんきに切り替えたことで、電気代をどのくらい削減できたのかをご紹介いたします。

 

テナントでの契約のため、電灯+業務用エアコン用に低圧電力の電気代になります。

 

looopでんき①

 

こちらが照明、電子機器などの電灯の節約額になります。

 

40ヶ月で28,341円節約できていることになり、1か月平均では約700円の節約となります。

 

looopでんき②

 

こちらは業務用エアコンのための低圧電力の節約額になります。

 

こちらは39ヶ月で54,630円の節約となり、1月では約1,400円の節約となります。

 

合計では約40ヶ月で82,971円の節約となり、1ヶ月で約2,074円の節約となっています。

 

まずはシュミレーションをしてみよう!

ここまでお読みいただき、少しでもLooopでんきが気になったのであれば公式サイトからシュミレーションをしてみましょう。

 

シュミレーションで必要な物は電気の検針票があればOKです。

 

また、シュミレーションをする際は最も電気代がかかる月(一般的には1~2月)の検針票を使用するのがおすすめです。

 

 

緊急時やトラブル時の対応

広域の停電時などの緊急時やトラブル時の対応が気になる方もいらっしゃると思います。

 

このような場合はLooopでんきで契約している場合でも一般送配電事業者、つまり東京電力、関西電力、中部電力などの大手電力会社のカスタマーセンターで対応してもらえることになっています。

 

Looopでんきのデメリット

POINT!

 

Looopでんきに変更すれば法人であっても電気代が安くなりますが、デメリットや注意点がないかといえばそんな事はありません。

 

デメリットや注意点はこちらになります。

 

必ず電気代が削減できるとは限らない

Looopでんきは基本使用料が無料のため、基本的には毎月の電気代は安くなりますが、店舗・事業所によっては安くならない可能性もあります。

 

  • すでに他の新電力会社に切り替えている
  • 24時間営業の店舗・事業所
  • 防犯対策として夜間も電気をつけている

 

こういったケースでは安くならない可能性があるため必ず、シュミレーションを行うようにしましょう。

 

ではなぜ、安くならない可能性があるのかというと、Looopでんきの1Kwhあたりの単価はどの時間帯でも一律であることと、単価が大手よりも高くなっています。

 

Looopでんきの単価はエリアによっても違いますが、22.4円~31.5円に設定されています。

 

しかし、大手電力会社では深夜帯は単価が安くなる深夜帯のプランが用意されているため、こちらを見直した方が良い可能性があります。

 

そのため、必ずシュミレーションを行うようにしましょう。

 

支払い方法がクレジットカードのみ

通常、電気代の支払いは3つの方法があります。

 

  • 振込用紙
  • 口座振替
  • クレジットカード

 

この中からお好きな支払い方法を選べますが、Looopでんきではクレジット決済1択となっています。

 

そのため、クレジット決済に抵抗がある方にはおすすめできません。

 

Looopでんきへの切り替え方法

クレジットカードとパソコン

 

Looopでんきへの切り替え方法をご説明していきます。

 

ネットで申し込めば勝手に切り替わる

Looopでんきへの切り替え方法は公式サイトから申し込めば、あとは勝手に切り替わるのを待つだけです。

 

とても簡単なためすぐにでも手続きが可能となっています。

 

 

解約手数料はいつ解約しても無料

解約手数料はいつ解約しても無料のためご安心ください。

 

電気会社を切り会えるに当たって気になるのが本当に月々の電気代が安くなるのかということと、解約する際に料金がかかるかどうかということです。

 

この点に関してはLooopでんきはいつでも無料で解約が可能であるため、試しに電力会社を変えてみようという方には非常におすすめできる会社となっています。

 

もし、電気代が安くならないようなら翌月にでもまた切り替えることも可能となります。

 

ただし、タイミングによってはさらに1ヶ月使用しなければならない可能性もあるため、この点はご了承ください。

 

さらに他社へ切り替えたい時はLooopでんきでの手続き不要

Looopでんきから他の電力会社へ切り替える時はLooopでんきでの手続きも不要となります。

 

大手電力会社からLooopでんきに切り替える時と同じように、他の電力会社へ切り替える際は契約したい電力会社の方にネットから申し込むだけで勝手に電力会社が切り替わる仕組みになっています。

 

そのため、解約手続き自体が存在しないということになります。

 

業務用エアコンのおすすめ節電商品

業務用エアコン

 

エアコンを使用する時期は家庭でも会社でも1番電気を使用するのがエアコンになります。

 

そのため、このエアコン代を節電できるかどうか電気代削減のポイントとなります。

 

会社や事務所で業務用エアコンを使用している場合は是非とも使用していただきたい節電商品があるためご紹介いたします。

 

室内の空気の寒暖差を無くす【ハイブリッドファン】

 

エアコンの空気を循環させるハイブリッドファンはご存じでしょうか?

 

この商品は業務用エアコンから出る空気を拡散することでエアコン代の節電が可能となる商品です。

 

エアコンを使用した場合の空気の循環はご存じかと思います。

 

暖かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に溜まる。

 

ハイブリッドファンを使用することでこの上に溜まった暖かい空気を下へ、冷たい空気を上へ循環させることで室内の上下の温度差を少なくするための商品です。

 

そのため、夏場は無駄に設定温度を下げる必要がなく、冬は設定温度を上げる必要がなくなるため、結果的に節電に繋がります。

 

実際に私も使用していますが、ハイブリッドファンあり・なしでは夏の室内の涼しさ、冬の室内の温かさが断然違います。

 

ハイブリッドファンのメリット

ハイブリッドファンを使用するメリットは以下になります。

 

  • エアコン代が節電できる
  • 室内の空気が循環するため暖房効率、冷房効率がアップする
  • 室内が素早く涼しく、また暖かくなる
  • 「動力はエアコンの風」だから余計な電気代はかからない
  • エアコンの風が直撃しない
  • エアコンの風により書類が飛んでいくことがない

 

私自身が使用して感じた大きなメリットはエアコンの直撃風がなくなったことです。

 

場所によってはエアコンの風が直撃してしまい、冷房時は寒くなってしまうことがあり、さらに書類が風で飛んでいくことがありました。

 

しかし、使用したその日からこの問題は解消されました。

 

ハイブリッドファンのデメリット

ハイブリッドファンのデメリットは1つだけです。

 

デメリットは本体価格が20,000円以上することです。

 

そのため、業務用エアコンの台数が多ければ、それだけ初期費用が高くなってしまうということになります。

 

もう少し安くしても良いじゃない?とぶっちゃけ思っています。


まとめ

電気は常に使用しているため、家庭だけではなく会社や事務所などでも電気代が加算でしまうため、少しでも安くしたいという気持ちがあると思います。

 

電気代を少しでも削減するためには節電することも確かに大切ですが、電力自由化の時代だからこそ電力会社を変えてみるのも1つの方法になります。

 

私自身が自宅も仕事場もLooopでんきに切り替えたことで電気代が削減できているため、非常におすすめしております。

 

解約手数料もかからないため、会社や事務所の電気代を削減したいという方は、まずは試しに切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

 

スマホの料金を安くしたい方はこちらも参考にしてください。

 

【スマホ戦国時代到来】2021年のおすすめの格安SIM会社を教えます!

タイトルとURLをコピーしました