【安さだけじゃない】Looopでんきの評判が良い理由を5年使用している私が解説します

毎月の電気料金を見直したらLooopでんき替えると料金が安くなると出てきたけど、会社の評判が気になっていませんか?

 

または、Looopでんきに替えるとどのくらい電気代が安くなるか気になっていたり、店舗や事業者でも利用できるか気になっていませんか?

 

本記事ではLooopでんきの評判、メリット・デメリットなどについて実際に5年間使用している私がお話していきます。

スポンサーリンク

【安さだけじゃない】Looopでんきの評判が良い理由を5年使用している私が解説します

Looopでんき

 

電力会社の中でも1番人気と言えるのが、Looopでんきという会社ですが、私はすでに5年使用していますが、非常に満足しております。

Looopでんきに切り替えるメリットはこちらになります。

 

  • Looopでんきに変えると毎月の電気料金が安くなる
  • アンペア契約ではないためブレーカーが落ちない
  • 電力使用量が一目でわかる
  • 【必要な手続きは申請のみ】切り替えは勝手にやってもらえる
  • ガスとのセットで契約可能
  • 【解約金は0円】いつでも解約可能
  • Looop電気が自分に合っているかはシュミレーションで確認できる

 

Looopでんきに変えると毎月の電気料金が安くなる

まず、はじめに多くの方はLooopでんきに切り替えれば毎月の電気料金はおそらく安くなります。

 

なぜ、Looopでんきに変えると安くなるかというと「基本使用料が無料」だからです。

 

毎月、電力会社が発行する検針票を見ていただければわかりますが、電気料金は基本使用料+従量制料金となっています。

 

つまり、基本使用料にプラスして使用した電気料金がプラスされます。

 

そして、この基本使用料は契約しているアンペア数が高くなるほど、料金も高くなってしまいます。

 

しかし、Looopでんきはこの基本使用料が無料となっているため、同じ電気量を使用したとしても安く抑えることができることになります。

 

毎月の電気料金以外にも携帯代も節約したい方は格安SIMもご検討ください。
【スマホ戦国時代到来】2021年のおすすめの格安SIM会社を教えます!

 

アンペア契約ではないためブレーカーが落ちない

通常は電気を契約する際はアンペア契約となりますが、Looopでんきではアンペア契約ではありません。

 

一般的にはアンペア契約は以下のようになります。

 

  • 一人暮らしのマンション:30A
  • 一般家庭のマンション、戸建て:40~50A
    ※今現在の契約アンペアが気になる方は検針票かブレーカで確認できます。

 

アンペア契約の場合は契約しているアンペア数を超える電力を使用してしまうと、ブレーカーが落ちて電気が詰まってしまいます。

 

しかし、Looopでんきはそもそもアンペア契約ではなく、使った分だけ支払うという契約になるため、ブレーカーが落ちることがありません。

 

実際に私も以前は自宅でブレーカーが落ちることがありましたが、Looopでんきに替えてからは一度も落ちていません。

 

また、仮に停電になり、Looopでんきからの電気の供給が間に合わなかったとしても、お住まいの地域の大手電力会社から電気が供給される仕組みになっているため、何も心配することはありません。

 

電力使用量が一目でわかる

 

 

Looopでんきは自分がどのくらい電気を使用しているかがグラフで一目でわかるようになっています。

 

パソコンでも確認できますが、手軽にできるのはアプリになります。

 

アプリをインストールしておけば、どの時間帯に電気を多く使用していつかがすぐにわかるため、より電気の節約につながります。

 

 

【必要な手続きは申請のみ】切り替えは勝手にやってもらえる

電力自由化が始まってすでに5年が経過していますが、意外と電力会社を変更したという方は少なく2割ほどの方しか、新電力会社に切り替えていないようです。

 

その理由の1つが切り替え方法が分からないや面倒くさいという理由です。

 

しかし、新電力会社に切り替える方法は実に簡単で、ネットで申し込むだけです。

 

その後のことは電力会社が行ってくれるため、待つだけでOKです。

 

Looopでんきも同じく、ネットから申し込めば、あとは勝手に切り替えてくれるため、難しいことはありません。

 

ガスとのセットで契約可能

以前は電気のみでしたが、現在はガスとセットで契約ができるようになったようです。

 

どの電力会社も現在では電気とガスをセットで契約することでお得になるというプランを出しているため、Looopでんきもお得になること間違いなしです。

 

ちなみに私はガスは契約していないため、実際にどのくらいお得になるかは分かっておりません。

 

【解約金は0円】いつでも解約可能

電力会社の変更をためらう理由の1つに解約金がかかるかどうかも関係してくるかもしれません。

 

もし、トラブルだらけですぐにでも解約したいとなった時に解約金がかかるようでは電力会社を替えることをためらってしまう気持はよくわかります。

 

しかし、Looopでんきではこの問題はまったく気にする必要はありません。

 

Looopでんきはいつでも解約金0円となっているため、もし替えたくなったらいつでも替えることができます。

 

そのため、いつでも気軽に契約することができます。

 

Looopでんきが自分に合っているかはシュミレーションで確認できる

Looopでんきは事前にどのくらい安くなるかをシュミレーションすることができます。

 

Looopでんきの料金シュミレーションはこちら

 

基本使用料が無料のため、多くの方が毎月の電気代は下がるはずですが、本当に下がるかどうかは使用してみないことにはわからに部分があります。

 

いくら解約金が無料とはいえ、お試し感覚で切り替えたものの料金が高かった・・・

 

ということになってしまう可能性も0ではありません。

 

こういったことを避けるためにもまずはシュミレーションを行うようにしましょう。

 

シュミレーションに必要なもの毎月の電気の検針票です。

 

これさえあれば、実際にどのくらいの料金になるかが把握できます。

 

 

Looopでんきの評判が良い理由は一般家庭以外でも契約可能なとこ

Looopでんき ビジネスプラン

 

Looopでんきは一人暮らしや一般家庭だけではなく、店舗や事業所でも契約することができます。

 

店舗・事業所でも契約可能

Looopでんきは店舗や事業所でも契約できるように「ビジネスプラン」というプランを用意しています。

 

そのため、店舗や事業所の電気代を節約したいと考えている経営者の方は一度シュミレーションをしてみることをおすすめします。

 

私は自宅だけではなく、自分の店舗でもLooopでんきを契約しています。

 

店舗や事業所であってもビジネスプランではなく、家庭用のおうちプランでの契約となる場合があります。
この辺りは契約してみなければ分からない部分になります。

 

業務用エアコンの低圧電力も契約可能

Looopでんきの利用明細

 

店舗や事業所では業務用エアコンを利用していることが多いですが、この場合は電気の契約が別になることはご存知かと思います。

 

通常の電気の契約以外に業務用エアコン用に低圧電力を契約する必要があります。

 

Looopでんきではこの低圧電力(動力プラン)も契約することが可能となっています。

 

ただし、低圧電力に関しては基本使用料が1KWに付き710円かかってしまいます。

 

私は5KWで契約をしているため、基本使用料は3,550円となります。

 

しかし、1ヶ月まるまるエアコンを使用しなかった場合はこの基本使用料のみの請求となりますが、基本使用料の半額の請求となります。

 

このあたりもLooopでんきの評判が良い理由ではないかと思います。

 

Looopでんきの低圧電力(動力プラン)が気になる方はシュミレーションをしてみましょう。

 

 

【大公開】Looopでんきで節約できた金額

それでは実際に5年使用している私がどのくらい節約できているのか公開します。

 

今回は仕事場での契約の方が早かったため、仕事場での節約額となります。

 

また、2018年夏にテナントへ移転したため、10月より動力プランを契約しました。

 

looopでんきの節約額③

 

looopでんきの節約額②

 

looopでんきの節約額①

 

  • 2016年7月~2018年8月:24,481円
  • 2018年9月~2021年5月:23,249円
  • 2018年10月~2021年5月:43,665円※動力プラン

 

この5年弱で約91,395円の節約に成功していることになります。

 

もちろん、この金額が正確な節約額とは限りませんが、大手電力会社の電力プランを参考にした節約額が大体このくらいの金額になるということです。

 

平均するとひと月の節約額は約1,500円となりますが、この額をどのようにとらえるかですが、私個人としては十分満足しております。

 

 

【気になる問題】Looopでんきのデメリットと注意点

POINT!

 

Looopでんきは電気代が安くなりますが、デメリットや注意点がないかといえばそんな事はありません。

デメリットや注意点はこちらになります。

 

  • 絶対に安くなるとは限らない
  • 支払いはクレジット決済のみ
  • 新築戸建てや新築マンションに引っ越す場合はすぐには契約はできない
  • マンションでは契約できないケースもある

 

絶対に安くなるとは限らない

Looopでんきは基本使用料が無料のため、基本的には毎月の電気代は安くなりますが、人によって、店舗・事業所によっては安くならない可能性もあります。

 

  • すでに他の新電力会社に切り替えている
  • 夜型の生活
  • オール電化
  • 24時間営業の店舗・事業所

 

こういったケースでは安くならない可能性があるため必ず、シュミレーションを行うようにしましょう。

 

ではなぜ、安くならない可能性があるのかというと、Looopでんきの1Kwhあたりの単価はどの時間帯でも一律であることと、単価が大手よりも高くなっています。

 

  • 大手電力会社:19~23円
  • Looopでんき:23~26円
    ※時期によっても単価は変動します。

 

しかし、大手の電力会社では深夜帯は単価が安くなっていたり、深夜帯のプランが用意されているため、こちらを見直した方が良い可能性があります。

 

支払いはクレジット決済のみ

通常、電気代の支払いは3つの方法があります。

 

  • 振込用紙
  • 口座振替
  • クレジットカード

 

この中からお好きな支払い方法を選べますが、Looopでんきではクレジット決済1択となっています。

 

そのため、クレジット決済に抵抗がある方にはおすすめできません。

 

24時間営業の店舗では高くなる

あまり該当する方はいないと思いますが、24時間営業をするような店舗や事業者の場合はLooopでんきは高くなります。

 

理由は先程お話したとおり、1Kwhあたりの単価が高いことと、深夜帯のプランが大手にはあるためです。

 

そのため、Looopでんきでシュミレーションをするとともに、大手の電力会社のプランを見直しましょう。

 

新築戸建てや新築マンションに引っ越す場合はすぐに契約できない

Looopでんきは新築戸建や新築マンションに引越す場合はすぐに契約することはできません。

 

必ず最初の1ヶ月はお住いの地域の大手の電力会社で契約をする必要があり、最短で翌月から切り替えることができるようになります。

 

ただし、通常の引っ越しで、すでにLooopでんきを契約している場合は引っ越し手続きを行えば継続して利用することができます。

 

マンションでは契約できないケースもある

電気の契約が入居者個人ではなく、大家さん、または管理会社での一括契約となっている場合は残念ながら契約することができません。

 

こちらはかなり珍しいケースになりますが、一括契約されている場合は1部屋だけ電力会社を変更することができないため、どうすることもできません。

 

ただし、ほとんどのマンションでは電気は入居者個人が契約する必要があるため、問題ないかと思いますが、こういったケースもあるということを一応覚えておきましょう。

 

 

まとめ

Looopでんきは非常に人気があり、評判もよい電力会社になります。

 

多くの方が切り替えることで電気代が安くなりますが、あまりにも使いすぎてしまえば逆に高くなってしまうこともあるため、注意が必要です。

 

また、一般家庭だけではなく、店舗や事業者の方でも契約することができる点も嬉しい限りです。

 

もし、あなたが電気代を少しでも安くして節約したいと考えているなら、まずはシュミレーションでどのくらい安くなるか試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました