【どれがいい!?】ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランのおすすめはこれ!

ドコモ、au、ソフトバンクがそれぞれ新料金プランを発表しましたが、はたしてどれがいいのかわからないと悩んでいませんか?

ぶっちゃけどの会社を選んでも大半の方が今の料金よりも安くなると思いますが、その中でもどれがいいかは気になると思います。

本記事ではドコモ、au、ソフトバンクの大手3社の中での私の個人的なおすすめ会社についてと、さらに安くしたい場合にどうすればいいかについて解説しております。

スポンサーリンク

【どれがいい!?】ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランのおすすめはこれ!

携帯会社の比較

ドコモ、au、ソフトバンクの大手3社ともに2021年3月から新料金プランに乗り換えが可能となります。

あと1ヶ月弱あるため参考になればと思います。

 

ドコモ、au、ソフトバンクンクの大手3社なら個人的にはドコモがおすすめ!

ドコモの新料金プラン「ahamo」は3社の中では税抜き2,980円と1番高くなっていますが、3/1に新たに発表されましたが、安くなり税抜き2,700円に変更となりました。

  • au、ソフトバンク:5分間の無料通話なしで2,480円※無料通話付き2,980円
  • ドコモ:5分間の無料通話付きで2,700円

この220円の差額の差額をどう見るかですが、電話が5分間使えるならハッキリ言ってお得と言えます。

また、個人的にドコモがおすすめできるもう1つの理由があり、ドコモにしかないサービスになります。

ドコモではau、ソフトバンクにはない82の海外の国でも手続きなしで利用可能というメリットがあります。

短期での海外旅行や海外への出張がある場合はいちいち日本からWi-Fiルーターのレンタルをしたり、現地でSIMカードを購入する必要がありません。

また、無料通話に関しても無いよりはあった方が良いかなとも思っています。

現在では問い合わせを行う際に0120から始まるフリーダイヤルではなく、有料である0570の番号が使われていることが多くなっています。

さらに今ではLINE電話が良く使われていますが、呼び出し音が小さく着信に気が付かないこともあるのではないでしょうか?

そのため、やや高くなってしまいますが、私個人としてはドコモが1番おすすめではないかと思います。

 

海外旅行に行かないならauもあり

私がドコモをおすすめ理由する1番の理由は海外でも利用できることですが、中には海外旅行は行かないという方もいらっしゃると思います。

  • 海外旅行へは行かない
  • 電話もLINE電話で十分

こんな方はauの新プラン「povo」おすすめになります。

ただし、先ほどもいましたが、5分間の無料通話なしで2,480円と5分間の無料通話付きで2,700円をどう考えるかになります。

 

ソフトバンクがいまいちな理由【決定的な違いあり!】

私が一番おすすめできないのがソフトバンクの新プラン「LINEMO」になり、ドコモ、auとは決定的な違いがあります。

ドコモとauではメインブランドであるドコモとauの料金が安くなりますが、ソフトバンクに関しては買収し子会社(サブブランド)となったLINEモバイルでの契約となります。

ではLINEモバイルで契約することでなぜおすすめできないのかというと理由は以下になります。

  • 格安SIMの契約になる
  • 格安SIMだから通信速度が落ちる時間帯がある
  • auと同じ料金ならauに軍配あり

この2つの理由により私はソフトバンクはおすすめできないことになります。

ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO」もauと同じく5分間の無料通話がオプションとなり、付けなければ税抜き2,480円になりますが、同じ料金ならばauを選択した方が通信速度が安定しています。

また、ソフトバンクの新料金プランはLINEモバイルになるため、SNSでの通信料がカウントされないというメリットもありますが、ぶっちゃけ大した通信料ではないためそこまでのメリットもありません。

ソフトバンクを選ぶならau、またはもう1つのサブブランドであり、10分間の無料通話が付いてくるY!mobileもありではないかと思います。

スポンサーリンク

 

ドコモ、au、ソフトバンクのどれがいいか分からないなら全部使ってみるのもあり

スマホを操作する男性

私の個人的なおすすめはドコモですが、それでも迷ってしまうという方は3社すべてを使ってみるのもありではないでしょうか?

 

解約手数料が無料をうまく活用する

今回の新プランは3社とも解約手数料は無料となっております。

また、乗り換えの際に必要なMNP転出料なども不要のため、このルールをうまく活用して3社とも利用してみて、自分に合っている会社を選んでみてはいかがでしょうか?

手数料がかかりませんが、手続きはオンラインのみの対応となっています。

 

大手3社すべてを利用してみるならSIMフリー端末が必要です

3社すべてを利用する場合は利用するスマホ本体がSIMフリー端末でなければいけません。

SIMフリー端末でなければ電波をキャッチできないため利用することができません。

そのため、SIMロックの解除が必要となるため、ショップで有料で行ってもらうか、ネットから自分でロックを解除する必要があります。

ただし、以下の場合はSIMロックの解除は不要となります。

  • アップルストアで購入したiphoneを利用している
  • 格安スマホ会社で購入したアンドロイド端末を利用している
スポンサーリンク

 

【20GBも不要!】ドコモ、au、ソフトバンクよりも安くしたい方が取れる選択肢

スマホとお金

ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランはどれも20GBありますが、そんなに必要ないし、もう少し安くしたいという方もいると思います。

こういった方が取れる選択肢に関してご紹介します。

 

格安SIMに乗り換える

結論から言いますと、大手3社の新料金プランが高いと感じる方は格安SIMに乗り換えるしかありません。

格安SIMは会社により色々な料金プランが用意されており、ギガ数を抑えれば料金もドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランよりも安くなります。

ただし、格安であるため通勤時間やお昼時の時間帯は通信速度はやはり落ちてしまいます。

この部分をWi-Fiでカバーできたり、我慢できるのであれば格安SIMに乗り換えてしまいましょう。

 

格安SIMなら月ごとにプラン変更も可能な場合あり

格安SIMは会社によっては毎月プランを変更することが可能となります。

今月は5GBで契約したけど、3GB程度しか使わなかった場合は残りは翌月に繰り越されます。

そのため、来月は2GBに変更することで料金を抑えることが可能となります。

ただし、料金プランの変更は大体25日までに行う必要があるため、この部分だけは注意が必要となります。

 

おすすめの格安SIM会社

それでは私がおすすめする格安SIM会社をご紹介いたします。

  • イオンモバイル
  • mineo
  • I I Jmio
  • BIGLOBEモバイル
  • UQモバイル
  • 日本通信

この辺りの格安SIM会社は非常におすすめすることができます。

中でも私がおすすめするのがイオンモバイルになります。

【イオンモバイルがおすすめの理由】

  • イオンの店舗にブースがある
  • 何かあってもイオンに行けば解決できる
  • 料金プランが豊富
  • いつでも解約できる
  • 解約手数料無料

このように何かと不安が付きまとう格安SIMのデビューとしては非常にハードルが低くなっております。

 

まとめ

ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランは3月から開始されますが、現在のところドコモの新料金プランである「ahamo」が非常に好調のようです。

こういった新プランは先に出すと不利、後出しが有利な状況にもかかわらず発表から1ヶ月で55万人の申し込みがあったとされています。

やはりドコモが強いようですが、au、ソフトバンクも今後はどうなるかは分かりません。

いずれにせよ、解約手数料はかからないため3社ともに利用してみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました