【不安解消!】海外旅行の時に食事が合わないと不安な方でも大丈夫な理由

海外旅行の時の楽しみの1つが食事になりますが、現地の食事が口に合わないか心配だったり、もし食事が合わなかったらどうしようか悩んでいませんか?

 

食事の問題は好き嫌いが激しい方はもちろんですが、海外旅行初心者の方にとっては非常に気になる問題でもあります。

 

今回は海外旅行の時の食事が合わなかったらどうしようという不安になる必要がない理由や日本人の口に合わない食事、さらに食中毒にならないためのポイントなどについてお話していきます。

スポンサーリンク

【不安解消!】海外旅行の時に食事が合わないと不安な方でも大丈夫な理由

タイの吉野家

海外旅行の時に食事の心配をされる方は多いかもしれませんが、本当にマイナーな国でなければ日本人はそこまで食事の心配をする必要はありません。

 

日本食は海外でも食べることができる

日本食は海外でも食べることができます。

 

日本食は海外でも非常に人気があるため、日本の人気チェーン店が海外に進出していたり、現地に移住した日本人の方が日本食レストランを経営しています。

 

特に海外旅行先として人気の国であればまず日本食を食べることができると言っても言いぐらいです。

 

【海外で見かける日本食】

  • ラーメン
  • 牛丼チェーン店
  • 回転すし
  • 居酒屋
  • 中華料理

 

こう言ったお店は海外でもよく見かけるため、もし現地の食事が口に合わなかった場合はこういった日本食を食べるようにしましょう。

 

ただし、日本で食べるよりも料金はやや高くなってしまうことは覚えておきましょう。

 

安定のファストフード店を利用する

海外の食事が口に合わない場合は日本食レストラン以外にも安定のファストフード店を利用する方法もあります。

 

  • ハンバーガーチェーン店
  • ケンタッキー
  • ビザチェーン店

 

この辺りも日本と同じように街中で見かけるため、サクッと食事を済ませたい場合に利用してみましょう。

 

ただし、国によってはない場合もありますし、やはり日本と比較すると高い場合もあります。

 

また、注文する際に言葉の壁があるため、少しだけ苦労するかもしれません。

 

日系スーパーで購入する

海外の食事が合わない場合は日本食レストラン、ファストフードを利用する方法がありますが、もう1つの方法が日系スーパーを利用する方法です。

 

海外のスーパーでは日本の食材や調味料、冷凍食品などを買うのはなかなか難しくなります。

 

しかし、日系のスーパーであれば買うことができます。

 

特に海外旅行中であれば冷凍食品、お惣菜、弁当などを買ってホテルや公園で食べる方法もあります。

 

冷凍食品に関してはホテルの部屋に電子レンジが備えてあれば問題なく食べることができます。

 

また、良いホテルに泊まっており、キッチンが付いているのであれば自分で作ってしまいましょう。

 

コンビニはあまり期待しないこと

海外にも日本で展開されているセブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニチェーン店がありますが、ぶっちゃけあまり期待しない方がいいと思います。

 

コンビニと言えばおにぎりが人気商品としてあります。

 

海外のコンビニチェーン店でもおにぎりを買うことができますが、クオリティーはかなり落ちます。

 

米がパサパサ、具も日本とは違うものが入っているため、あまりおすすめはできません。

 

もし、コンビニで買うのであればカップ麺やスナック菓子、スイーツ、アイスなどがおすすめになります。

 

旅行前に渡航先の料理を食べておく

世界中で日本食が人気となっているため、海外でも日本食を食べることができますが、逆に日本でも世界中の料理を食べることができます。

 

そのため、旅行先の料理を事前に食べておくことで、自分に合うか合わないかが分かるようになります。

 

また、こういったお店は現地の方やその国が好きな日本人が経営しているため、現地のおすすめのお店の情報を乳酢することも可能となります。

 

 

抑えておきたい日本人の口に合わない海外の食事

牛肉麺

食事に関してはぶっちゃけ人それぞれの好みがあるため、何とも言えない部分があります。

 

そんな中でも日本人の口には合わないかな?という食事をいくつかご紹介していきます。

 

  • 【台湾名物】激臭が特徴の「臭豆腐」
  • 好き嫌いが分かれる台湾の「八角料理」
  • 辛さのレベルが違う!「四川料理」
  • 東南アジアでは当たり前の「虫料理」
  • 【イギリス名物】フィッシュ&チップス
  • もはやチャレンジグルメ!フィリピンの「バロット」

 

【台湾名物】激臭が特徴の「臭豆腐」

まずは台湾名物ともいえる臭豆腐ですが、日本の納豆のような食べ物になります。

 

こちらは台湾に行ったことがある方であれば絶対に出会ったことがある料理だと思いますが、日本人でチャレンジする方は多くはないと思います。

 

臭豆腐の特徴と言えばあの独特の臭いです。

 

臭いの時点でギブアップとなる方が多いと思います。

 

臭豆腐には「焼き、揚げ、煮込み」の3種類ありますが、中でも煮たタイプの臭豆腐はもはやテロレベルの臭いです!

 

私は夜市で売っている臭豆腐は食べたことはないですが、淡水老街にある屋台の臭豆腐はほとんど臭わないため食べたことがありますが、味は豆腐でした。

 

好き嫌いが分かれる台湾の「八角料理」

台湾料理と言えば八角という調味料を使った料理も特徴になります。

 

この八角は日本人にとっては馴染みがないため、好き、嫌いが分かれるかと思います。

 

【八角が使われている代表的な台湾料理】

  • ルーローハン
  • 牛肉麺
  • 胡椒餅
  • 茶葉蛋

 

この辺りは八角を使った台湾の代表的な料理になりますが、八角が苦手な方にとっては食べることができないかと思います。

 

私の場合は臭いが少し気になりますが、全然問題なく食べることができます。

 

ちなみに台湾は空港で飛行機を出た瞬間から八角の臭いがしますし、また街中も八角の臭いがします。

 

辛さのレベルが違う!「四川料理」

日本でも辛い食べ物が好きな方は一定数いると思います。

 

しかし、四川料理は辛さのレベルが違うということで有名となっています。

 

四川料理の普通の辛さがもはや日本では激辛というレベルと思っていただいて大丈夫かと思います。

 

本場の四川料理が大丈夫かどうかはペヤングから発売されている「極激辛担々麺」を完食できるかどうかで判断できるかと思います。

 

こちらを難なく完食できる方であれば本場の四川料理も大丈夫かと思います。

 

東南アジアでは当たり前の「虫料理」

東南アジアでは当たり前のように虫料理が屋台で売られています。

 

日本では考えられませんね。

 

そのため、この虫料理はそこまで説明する必要はないかと思います。

 

記念にチャレンジしてみたい方は食べてみてください。

 

【イギリス名物】フィッシュ&チップス

イギリスは食事がおいしくない国として非常に有名です。

 

そんなイギリス料理の中でも特に有名なのがフィッシュ&チップスという料理になります。

 

白身魚のフライトフライドポテトになりますが、脂っこく味がないそうです。

 

私はそもそも魚介類が食べられないため、食べたことはありません。

 

イギリスに観光で行く場合は食事は諦めた方が良いかもしれません。

 

もはやチャレンジグルメ!フィリピンの「バロット」

バロット

 

最後にご紹介するのがフィリピンの「バロット」という料理です。

 

こちらはもはやチャレンジグルメと言える料理になります。

 

どのような料理かというと、孵化する直前のアヒルの卵をゆでた食べ物になります。

 

はい、想像してみてください。

 

日本では考えられない食べ物であることが分かると思います。

 

卵の殻をむくと血管むき出しのアヒルになる直前の姿が出てきます。

 

これをガブリと食べるのは勇気がいると思います。

 

私はもちろん食べたことがありませんが、食べたことがある人が言うには「味はゆで卵」だそうです。

 

 

海外旅行時の食事で気を付けたい食中毒にならないための3つポイント

海鮮屋台

海外旅行の時は食事が合うかどうかも気になりますが、食中毒にならないかどうかも気になるポイントです。

 

そこで、海外旅行の時に食中毒にならないための3つのポイントをお話しします。

 

  • 旅行中の食事は屋台ではなく、レストランやフードコートを利用する
  • 【海鮮系は要注意!】基本的に生ものは避けるべし
  • 屋台で食べる時は除菌シートで手を拭いてから!

 

旅行中の食事は屋台ではなく、レストランやフードコートを利用する

旅行中の食事は屋台ではなく、レストランやフードコートを利用する。

 

食中毒の心配があるのは主にアジア圏になります。

 

アジア圏は食中毒になる危険性が高い理由が屋台文化になります。

 

欧米諸国では屋台文化はありませんが、アジア圏では自炊する文化がなく、食事は外食が基本となる国も多いため、屋台は非常に安く買うことができます。

 

しかし、衛生面を考えるとお世辞にも奇麗とは言い切れません。

 

中にはこれは大丈夫か?と思ってしまうような状態で食べ物が売られています。

 

そのため、少しでも食中毒のリスクを避けたいのであれば高くなりますが、レストランやフードコートで食べるようにしましょう。

 

私は屋台文化が好きなため、基本的には屋台で食べますが、一度も当たったことはありません。
食中毒になるかどうかは運次第になります。

 

【肉・海鮮系は要注意!】基本的に生ものは避けるべし

海外では肉・海鮮系の生ものは特に注意が必要になります。

 

日本では生のレバーを食べることができなくなりましたが、海外では普通に食べることができます。

 

しかし、衛生面では世界トップクラスに日本でさえ生ものを食べて食中毒になることがありますが、衛生面で劣る海外ではなおさら危険性は高くなります。

 

生牡蠣も日本人は好きな方が多いと思いますが、実際に海外旅行中に生牡蠣を食べて見事に当たった方もいます。

 

食中毒になるともはや海外旅行は台無しになり、最悪の場合は入院する必要も出てきます。

 

このようなことにならないためにも、海外旅行中はレストランであっても生ものは避けるようにしましょう。

 

屋台で食べる時は除菌シートで手を拭いてから!

屋台で食べる時は除菌シートで手を拭いてから食べるようにしましょう。

 

こちらは屋台で食べる時の基本と言えます。

 

特に手づかみで食べるようなものの場合は絶対に手を拭いてから食べることをお勧めします。

 

そのため、東南アジアに行く場合は除菌シートは必須となります。

 

まとめ

海外旅行の時は食事は日本ではなかなか食べられないものもあるため非常に楽しみにされる方も多いと思います。

 

しかし、中には日本人の口に合わない食べ物もありますし、食の好みは個人差があるため、何とも言えません。

 

ただ1つ言えることはその国の食べ物がすべて食べれないということはないと思います。

 

そのため、まずは食べられるものを見つけるとともに、現地の日本食レストラン、ファストフード、スーパーなどを利用するようにしましょう。

 

また、屋台で食べる場合は食中毒に気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました