LCCで海外旅行へ行く際の注意点【格安で行けるとは限らない】

海外旅行に行く時にLCCを今まで使ったことがないから注意点が知りたいと考えていませんか?

今回はLCCで海外旅行へ行く際の注意点やLCCが向いている人や向いていない人、また海外ひとり旅が趣味の私がLCCを利用しない理由などについて解説しております。

LCCの利用を考えている方の参考になればと思います。

LCCで海外旅行へ行く際の注意点【知らなきゃ損するかも】

機内食

 

通常時でも大手航空会社よりも安いですが、新規路線の就航時や時にゲリラ的にセール販売がされることもあり航空会社によっては片道10円という常識破りとも言える格安の値段で購入することもできます。

もちろん、この時は争奪戦は必至です!

そのため、LCCをうまく使うことができれば非常に安く海外旅行へ行くことができますが、利用の際には注意しなければ行けないポイントがいくつかあります。

このポイントを知らないと格安で行けるはずの旅が格安ではなくなってしまう可能性があります。

そのポイントは次の3つになります。

 

  • あらゆるサービスが有料オプションになっている
  • フライトキャンセルの時は補償がない
  • 海外旅行初心者には注意点が多すぎる

 

1つずつ解説していきます。

 

あらゆるサービスが有料オプションになっている

LCCは格安を謳っているんだから、いつでも誰でも安く行けるんじゃないの?

このように考えている方は甘いです!

LCCは確かに安さが売りではありますが、この安さにはやはり理由があります。

LCCが安い理由はフラッグキャリア(JALやANA)では無料で行っていることがオプション、つまり有料になるためです。

フラッグキャリアでは無料でもLCCでは有料になるサービスは

 

  • 機内食
  • 機内での毛布
  • 荷物(スーツケース)を預ける
  • 座席指定
  • 機内での飲食物

 

これらは全てLCCでは有料サービスとなります。

そのため、LCCでもフラッグキャリアと同じ条件で快適にフライトを楽しむために全てのサービを付けると料金はそれほど変わらない金額になってしまいます。

 

LCCでは自分で用意した飲食物を機内で飲食することができない航空会社もあります。※エアアジアは持ち込み自体が不可となっております。

 

フライトキャンセルの時の補償がない場合がある

天候の悪化などで急にフライトキャンセル、つまり飛行機が飛べなくなってしまうことはどうしてもあります。

この時にLCCでは基本的にはキャンセル料が支払われません。

LCCでも航空会社によってはキャンセル料を支払ってもらうことができる会社もありますが、基本的にはないものと考えておいたほうが懸命です。

そのため、LCCを使う時は必ずキャンセル規定は確認しておく必要があります。

また、自身の都合でキャンセルする場合も基本的には返金されることはありませんが、返金が可能な航空券を購入している場合は返金に応じてもらうことができます。

しかし、返金可能な航空券はLCCであっても金額は高めに設定されています。

 

遅延に関しては自社の都合で遅延した場合であっても他社の便へ変更してくれる会社もあれば自社の他の便への振替しか行ってくれない会社もあります。
基本的には遅延の場合は待機になることが多く、その場合の補償も原則としてはないことが殆どになります。

 

海外旅行初心者にはそもそも注意点が多すぎる

LCCを使う時はそもそもの注意点が多すぎます。

キャンセル規定に関しても航空会社ごとにルールが違うためにしっかりと確認する必要がありますし、スーツケースを預ける時も重量によって金額が変わってきます。

そして、この金額も事前に予約をしている場合と当日カウンターで申し込む場合では料金が変わってきます。

当然、安いのは事前に予約をしていた場合ですが、果たして海外旅行初心者の方が自分のスーツケースの重さが何キロか分かるでしょうか?

おそらく分かる方はいないと思います。

予想していた重量よりも重かった場合は追加料金を支払う必要があり、この金額が地味に高いですし、逆に予想よりもかなり軽かった場合は無駄に支払うことになってしまいます。

また、機内食も同じことが言え、事前に予約をしているかどうかで金額が変わってきます。

LCCではあらゆるサービスが有料であるということを念頭に置いていないと安く海外旅行へ行くことができません。

 

LCCでの海外旅行に向いている人、向かない人

○×の旗を持つ女性

 

LCCを使って海外旅行へ行く場合は向いている人と向いていない人に別れます。

簡単なチェックリストがあるため、自分がどちらかチェックしてみましょう。

 

LCCに向いている人

  • できるだけ費用を抑えたい
  • 機内食などはなくてもOK
  • 座席は狭くてもOK
  • フライト中に映画は観れなくてもOK
  • スーツケースはなく、荷物はカバン1つだからOK

 

LCCで海外旅行へ行くのに向いている人は一言でいうと安く旅をしたバックパッカーの方になります。

また、週末を使って1泊、または2泊の弾丸旅行をする方にも向いているのではないかと思います。

 

LCCに向いていない人

  • フライト中は映画を観たりして快適に過ごしたい
  • 機内で飲食をしたい
  • 追加料金を支払いたくない
  • 荷物が多い
  • 最低限の補償は欲しい
  • 海外旅行初心者

 

私個人の意見になりますが、LCCに向かないのは海外旅行初心者の方だと思います。

海外旅行初心者の方はまずはフラッグキャリアでの旅行で海外へ行くことに慣れたら、自分にとってLCCがどうかを考えることをお勧めします。

 

LCCを使って海外旅行へ行かない理由【そもそも選択肢に入れてません】

キャセイパシフィック航空

 

私は今ではアジアの国を年に3回ほどは旅していますが、私にはLCCは向いていないため使ったことがありませんし、今では航空券を探すときにも選択肢に入れていません。

私がLCCを使わない理由はこちらになります。

 

  • フライト中は快適に過ごしたい
  • 地味に機内食が楽しみだから
  • 受託手荷物の重量を気にしなくても大丈夫だから
  • やっぱり補償は大切

 

フライト中は快適に過ごしたい

まず、LCCは座席が横も前後も狭いため、フライト中は快適に過ごしたい私にはやはり向いていません。

 

また、フライト中は深夜便の時以外は起きているために、時間をつぶすためも映画を見て過ごしているため、モニターも必須です。

そして、機内で見ることができる映画は割と最新作が見ることができたり、人気の作品を観ることができるため、私にはこちらも必須条件です。

 

地味に機内食が楽しみだから

フライト中の楽しみの1つが機内食になります。

機内食はLCCでも追加料金を払えば食べることができますが、LCCのサイトを見る限りクオリティーはちょっと低めに感じます。

しかし、フラッグキャリアでは路線にもよりますが、有名シェフが作った食事を2種類から選ぶことができ、さらにはデザートも付いてきます。

また、こちらも路線によりますが、帰国時に機内で飲む味噌汁がめちゃくちゃ美味く感じます!

機内食が楽しみの私にはこちらも必須です。

 

受託手荷物の重量を気にしなくても大丈夫だから

フラッグキャリアであれば航空会社により多少の違いはあれど、大体20キロの荷物を2つまでは無料で預けることができます。

合計で40キロと考えるとかなりの量の荷物を無料で預けることができるため、重量を気にする必要がありません。

実際にはスーツケースは1つで20キロを超えたことがないため心配する必要はありませんが、お土産をたくさん買って帰る場合などを考えると、フラッグキャリアの方が私には合っていると思います。

 

やっぱり補償は大切

フライトキャンセルになった場合などの補償は大切です。

今のところこういったことは経験したことがありませんが、フライトキャンセルはいつ起きるか予測がつかないこともあります。

もし、何か起きた時にフラッグキャリアであれば代替便を案内してもらうことができますし、場合によっては返金してもらうこともできます。

そのため、やはり最低限の補償があるフラッグキャリアを私は利用します。

 

まとめ

LCCは確かにうまく利用できれば格安で海外旅行を楽しむことができますが、注意点もたくさんあり、また向き不向きもあります。

私は海外旅行を始めた当初からLCCは自分には向いていないと判断をしたため、利用をしたことはありません。

しかし、LCCの注意点をよく理解できたのであれば、皆さんは利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました