バンコクの女一人旅は安全?危険?実際に旅した私が感じた治安について

友達と海外旅行には行ったことがあるけど、まだひとり旅をしたことがないから、人気観光地であるバンコクに女一人旅に行きたいけど治安が気になっている方へ。

 

バンコクは世界一の観光大国であるため、男女問わず一人旅に来ている方が多くおり、実際に私も一人旅をしたことがあります。

 

そこで、本記事ではバンコクの女一人旅は安全かどうかについて実際に一人旅をしている私がお話していきます。

 

スポンサーリンク

バンコクの女一人旅は安全?危険?実際に旅した私が感じた治安について

バンコクの街並み

 

海外ひとり旅に興味があるのは男性だけではなく、女性も同じ!

 

そこで、人気観光地であるタイ・バンコクは女性の一人旅が安全かどうかについてお話していきます。

 

【結論】バンコクの女一人旅は問題なし

結論としましては、バンコクの女一人旅は「全く問題なし」と言っても良いかと思います。

 

実際に私自身もバンコクに一人旅をしておりますが、女性の一人旅かな?という方もチラホラと見かけます。

 

タイ・バンコクと言えば世界一の観光大国でもありますが、その理由の1つとして治安の良さも挙げられます。

 

もちろん、海外ではあるので注意しなければならない部分はありますが、ごくごく普通に観光地を巡るぐらいであれば全く問題ないのではないかと思います。

 

しいて言うならば、夜中にウロウロしないことと、夜中に一人でタクシーに乗らないことぐらいかと思います。

 

バンコクの治安に不安を感じるようであれば海外ひとり旅は諦めましょう。と言っても良いぐらいかもしれません。

 

女一人旅だからこそオシャレは控えめに

日本人の海外旅行者は海外に行くと気分が上がってしまうため、服装が派手になってしまいがちです。

 

それこそ、日本にいる時と変わらないぐらいオシャレを楽しむ方も多くいます。

 

海外だからこそオシャレもしたいという気持ちも分かりますが、海外だからこそオシャレは控えめにする必要があり、女一人旅ならなおさらです。

 

明らかに旅行者と分かるような派手な服装をしているとスリの標的になってしまいます。

 

治安が良いバンコクと言えど、やはりスリの被害に遭ってしまうことはあります。

 

こういった被害に遭うリスクを抑えるためにも女一人旅の時はオシャレは控えめにしましょう。

 

バンコク女性一人でも安心!日本人オーナーが経営するホテル

一人旅の時に悩むのがホテルですが、英語がしゃべれないのであればなおさらです。

 

そこで、日本人女性一人でも安心して宿泊することができる、日本人オーナーが経営するゲストハウスをご紹介します。

 

場所はアソーク駅の隣である、プロンポン駅から徒歩約3分の「バンコク日本人宿その名もJP」さんです。

 

こちらはバンコク在住の日本人の方が経営されているゲストハウスになり、現在の利用者はほぼ100%日本人となっているそうです。

 

ゲストハウスというと一部屋に数人で止まるイメージがありますが、こちらでは個室も用意されているため、1人でゆっくり寝たいという方でも安心かと思います。

 

さらに、女性専用フロア、女性専用のトイレ、シャワールームもあるため、こういった点でも安心して利用できるかと思います。

 

お値段に関しては2023年10月より少しだけ値上がりしますが、350~800バーツ(約1,400円~3,200円)とかなりお安くなっております。

 

気になる方はホームページをチェックしてみてください!

 

バンコク日本人宿その名もJP

 

ホテルの探し方についてはこちらを参照ください。

 

海外旅行の時の安心、安全、快適なホテルの選び方【覚えておきたいポイント解説】

 

女性一人でもおすすめのタイ古式マッサージ

バンコク旅行の1つの楽しみが、本場のタイ古式マッサージになりますが、こちらも色々なお店があります。

 

中にはちょっと怪しいお店ももちろんあります。

 

そこで、私が毎回利用するおすすめのタイ古式マッサージのお店をご紹介します。

 

私がおすすめするのはプロンポン駅から徒歩4分の「at ease」さんです。

 

こちらのお店もオーナーが日本人になり、お店の方も受付の方に関しては日本語が通じますし、スタッフは全員女性となっております。

 

ただし、お値段に関しては気持ち高めになっていますが、1時間450バーツ+チップ100バーツ(約2,200円)となります。

 

日本と比較すると十分安いのですが、探せばもっと安いところはあります。

 

しかし、初めてのバンコク一人旅、もしくは海外ひとり旅が初めてであればまずはこちらを利用してみてください。

 

バンコクのタイマッサージ・スパ「at ease」

 

備えあれば憂いないし「たびレジ」には登録しておきましょう

タイ・バンコクの治安は基本的には問題ありませんが、やはりそこは海外になるため何が起きるかはわかりません。

 

ひょっとすると突然テロが起きてしまうかもしれませんし、暴動が起きるかもしれません。

 

そのため、こういった情報をいち早く入手するためにも外務省が行っている「たびレジ」には登録しておくことをお勧めします。

 

こちらに登録をしていると滞在している国で何かあればメールで知らせてくれるため、危険地域を知ることができます。

 

また、旅行へ行く前にも何かあれば知らせてくれますので、念のため登録しておきましょう。

 

ちなみに私は登録してあります。

 

【たびレジ】

 

スポンサーリンク

 

バンコク女一人旅で気を付けなければいけないこと5選

トゥクトゥク

 

バンコクの治安にそれほどの不安がないといってもやはり海外であることは変わりません。

 

ましてや日本人は外国人にとってはカモと思われている部分もあるため、気をつけておかなければいけないことはあります。

 

タイ・バンコクで気を付けなければいけないことは以下になります。

 

  • 【最新情報】お金見せて詐欺
  • タクシーやトゥクトゥク、バーでのぼったくり
  • 日本語で話しかけてくる客引き
  • 車やバイク【歩行者優先ではありません】
  • 屋台で食べるの出れば食中毒
  • 英語は基本通じません

 

【最新情報】お金見せて詐欺

今、バンコクで最も注意する必要があるのが、この「お金見せて詐欺」になるかもしれません。

 

どういうことかというと・・・

 

外国人が日本語で「今度、日本に行くから、日本のお金見せて」と声をかけてきます。

 

そして、この時に財布からお金を出して見せてしまうと、いつの間にか現金を抜き取られてしまうという詐欺になります。

 

「いやいや、さすがに分かるでしょ!?」と思った方はプロの詐欺を甘く見ています。

 

一流のマジシャンが目の前で手品をしたとしても、素人ではタネが分からないのと同じことです。

 

私が飲食店でバイトをしていた時に外国人が「両替してほしい」と言われ、両替したところ、レジチェックをすると見事に5万円足りなかったということがありました。

 

そのため、もし外国人に「日本のお金見せて」と声をかけられても、必ず無視するか、「ネット見ろ!」というようにしましょう。

 

タクシーやトゥクトゥクでのぼったくり

多くの方がバンコクへ行かれると思いますが、バンコク市内の移動方法には以下のような選択肢があります。

 

  1. BTS(高架鉄道)
  2. 地下鉄(MRT)
  3. 空港線と市内をつなぐエアポートレール
  4. タクシー
  5. バイクタクシー
  6. トゥクトゥク

 

上3つは電車になるためぼったくりなどはあり得ませんが、問題は下3つを利用する場合です。

 

タイに限ったことではありませんが、海外ではタクシーに乗る時はメーターを使わないことが多々あります。

 

日本では考えられないことですが、これが海外なんです。

 

ではどのように料金が決まるのかというと、乗車する前に料金を言われますが、この時の金額がメーターを使用した時よりも高い金額を提示されます。

 

また、トゥクトゥクの場合はメーターはついていないため、基本的に相場が分からない外国人はぼったくられます。

 

そのため、特に客待ちをしているタクシーやトゥクトゥクは要注意です。

 

ただし、ぶっちゃけ物価が安いのでぼったくられたとしても数百円になるため、楽に移動したい場合はあえて利用してもよいかもしれません。

 

もし、タクシーでぼったくられたくない場合は「Grab」というアプリを使えばまずぼったくりに合うことはありません。

 

【Grab】iphoneの方はこちらからダウンロードできます。

 

スポンサーリンク

 

日本語で話しかけてくる客引き

日本語で話しかけてくる客引きにはついて行くのはやめましょう。

 

こちらはタイだけではなく、海外全般に言えることです。

 

特にお酒が好きな方は要注意で、こういった客引きについて行くことでぼったくりに合います。

 

車やバイク【歩行者優先ではありません】

日本では歩行者優先となっていますが、これは日本のルールです。

 

海外では基本的には歩行者優先という概念がなく、同等とみなされます。

 

そのため、道路を横断中であっても車やバイクは突っ込んでくることは日常茶判事と言えます。

 

また、横断歩道があるにもかかわらず信号がない大通りもあるため、こういった場所を横断する時には特に注意が必要です。

 

屋台で食べるの出れば食中毒

バンコクの屋台

 

海外は日本ほど衛生環境が整っていないため、屋台で食べる場合は食中毒に注意が必要ですが、こればかりは注意のしようがありません。

 

食中毒に関してはある意味では運かもしれませんが、とりあえず生ものは避けるようにしましょう。

 

私個人としてはこういった屋台でこそ、その国の料理が食べれると思っているので東南アジアに行った時は基本的には屋台で食べるようにしています。

 

しかし、食中毒を避けたいという方は多少高くてもレストランやフードコートなどで食べるようにしましょう。

 

英語は基本通じません

タイは基本的には英語は通じません。

 

英語が確実に通じるのはホテルぐらいではないかと思います。

 

私が少し驚いたのが屋台でおばちゃんに「How much?」と聞いても「?」っというリアクションをされたことです。

 

ナイトマーケットや大きな商業施設に入っているお店であれば多少は喋れる方もいます。

 

もしトラブルにあった場合の対処法

海外でトラブルに合った場合は大ピンチに陥ることになりますが、冷静に対処できるようにトラブルに合った場合の対処法も押さえておきましょう。

 

大使館に行く

よほどのことがない限りお世話になることはありませんが、パスポートを盗まれたり、犯罪行為にあった場合はバンコクにある日本大使館に行きましょう。

 

在タイ日本国大使館

 

現地の駐在員に助けを求める

バンコクには約30,000人の日本人駐在員がいるため、何か困ったことがあれば現地で生活している方に助けを求めるのも1つの方法ではないかと思います。

 

特にひとり旅でトラブルに合ってしまった場合は気が動転して冷静な判断ができないかもしれません。

 

そのため、同じ日本人に助けを求めるなりアドバイスをもらうようにしましょう。

 

まとめ

海外旅行で人気の国であるタイ・バンコクは世界的に見ても治安が良い国であることは間違いありません。

 

これは実際にひとり旅をした私が感じた印象でもあります。

 

気を付けるべきことさえ押さえておけば女性の一人旅であっても非常に楽しい旅ができる国になるため、治安が気になってまだ行ったことがいない方は是非行ってみてください。

 

食べ物も日本人の口に合うものが多いと思います。

タイトルとURLをコピーしました