【お勧めの座席はここ!】海外旅行へ行く時に選ぶべき飛行機の座席

国際線の飛行機の座席ってどこがお勧めなの?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

もし、まだ海外旅行初心者であったり、飛行機自体あまり乗ったことがないのであればどの座席が快適なのか分からないと思います。

今回は海外旅行へ行く時に機内で快適に過ごせるお勧めの席や、できるだけ選ばない方が良い席に関して解説していきます。

スポンサーリンク

海外旅行へ行く時の飛行機の座席は最後尾の通路側を選ぶべし

飛行機の座席

多くの多くの方は海外旅行へ行く時はエコノミークラスを利用されると思いますが、座席はどこでもいいと思っていませんか?

  • 後ろ
  • 窓側
  • 通路側

エコノミークラスの座席を選ぶ時はこの4つの組み合わせから選びますが、エコノミークラスは飛行機の機体の真ん中あたりから後方にかけてになります。

飛行機の座席はそんなにこだわりがないという方もいると思いますが、はっきり言いまして座席次第で機内の快適度はかなり変わってきます。

そのため、私がほぼ毎回指定する席というのが最後尾の通路側の席です。

この席は意外と人気があり、一人旅や出張で飛行機に乗るサラリーマンの方が早めに抑えてしまう席でもあります。

逆にエコノミークラスの前方の席というのは早期には埋まりにくい席になっています。

後方の席だと飛行機を降りるのに時間がかかりそう・・・と思う方もいるかもしれませんが、意外とそんなことはありません。

【最後尾の通路側が人気の理由】

  • 最後尾は座席が倒せる
  • 通路側は隣に気を使わなくて済む
  • ぶっちゃけ外の景色は見ない
  • 早く搭乗できる

 

最後尾は座席が倒せる

最後尾の席は座席の背もたれを倒せるのは大きなメリットです。

最後尾は壁、もしくは誰も座ることができない席となっているため、後ろに気を遣うことなく席を倒すことができます。

飛行機の座席は倒すことができるようになっていますが、意外と倒す人って少ないという事実がありますが、これはやはり後ろの人に気を使ってしまうからだと思います。

しかし、何時間もほぼ直角の状態で座り続けるはしんどいですが、もともと座席はわずかしか倒せませんが、このわずかな差でも体への負担は違ってきます。

こういった理由からこの最後尾の席は意外と人気がある席になります。

 

通路側は隣に気を使わなくて済む

  • トイレに行く時
  • 荷物を出す時
  • CAの方に声をかける時

こういった状況では通路側に座っていた方が圧倒的に気が楽です。

通路側に座っていれば自分が行きたい時に誰にも気を使うことくトイレに行くことができますが、自分が窓側の席に座っている時にトイレに行きたくなった場合、いちいち声をかけなければいけませんし、隣の方が寝ていた場合は相手を起こす必要があります。

また、何度でも荷物の出し入れができますし、ドリンクが欲しくなった時でもCAさんに声をかけやすいです。

 

ぶっちゃけ外はほとんど見ないから

窓側に座っていてもぶっちゃけ外の景色ってほとんど見ません。

私が初めて海外一人旅をした時に感じたのがこの部分になり、離陸と着陸の時以外はほとんど外を見ることはありませんでした。

フライト中はほとんど映画を見ているため、外の景色ってほとんど見ませんし、南側に来た場合は日差しが強いため、窓は閉めてしまうこともあります。

 

早く搭乗できる

航空会社にもよりますが、後方の席の乗客から搭乗させてもらえます。

早く搭乗できるメリットとしては早めに荷物をしまうことができるという点です。

最後の方に登場すると、時々ですが自分の席の真上の荷物入れが他の方の荷物でいっぱいになっており、少し離れた場所に入れなければならいことがあります。

これは意外と面倒くさい部分があり、この時窓側の席だった場合はさらに面倒くさいことになります。

スポンサーリンク

 

飛行機で選ぶべきではない座席

飛行機の座席3列

最後尾の通路側の席はひそかに人気のある席になりますが、飛行機に乗る時に避けた方が良い席というのもあります。

避けた方が良い席は以下になります。

  • 真ん中の席
  • 翼の上の席
  • フライト中に南側になる席

 

真ん中の席は窮屈に感じる

3列、または4列の座席の場合どちらであっても真ん中の席は避けるべきです。

特に一人で乗る時はこういった席に座ってしまい、両サイドの人が体が大きな人の場合は個人的には「最悪だ!」と思ってしまいますが、実際に私は避けているためこの席になったことはありません。

ただし、友人たちと乗る場合であればそれほどデメリットになるわけではありません。

 

翼の上は特にうるさい

  • 翼にエンジンがあるためうるさい
  • 翼で外が見えない

こういった理由から翼の上の席はおすすめできません。

基本的に飛行機の機内はエンジンの音でうるさいというのは間違いありませんが、翼の上は別格です。

もろにエンジン音がするためにヘッドホンをして映画を見ていても音がうるさいために、音量を最大限に上げる必要が出てきますが、これはこれで耳に良くありません。

私が一番避ける席がこの翼の上の席になります。

 

フライト中に南側になる席

南側の席と言われてもピンとこない方も多いかもしれませんね。

  • 西に向かう場合:左側の列の窓側
  • 東に向かう場合:右側の列の窓側

なぜ避けるべきかというと、その理由は日差しになりますが、特に昼間の便では避ける方が良いでしょう。

西に向かう場合に飛行機の左側の窓側の席を選んでしまうと日差しが差し込んで日焼けしてしまいますし、眩しいこともあります。

外の景色を見たくても日差しが気になってしまい結局は窓を閉めてしまうことも多々あります。

特に昼間の便であればこの辺りも気にしながら取るようにしています。

 

まとめ

海外旅行へ行く時のフライトは快適に過ごしたいものです。

特に日本から遠い国に行くのであれば、なおさら快適に過ごせた方がいいため、自分にとって最適な席を選ぶことです。

私のお勧めの席は最後尾の通路側の席です。

まだまだ海外旅行初心者の方や飛行機にあまり乗ったことがない方は今回ご紹介した最後尾の通路側の席を選ぶことができたら座ってみてどれだけ快適かを体験してください。

タイトルとURLをコピーしました