シンガポールの英語のなまり問題【旅行者はそれほど気にする必要なし】

シンガポールは日本と同じぐらい治安が良い国になるため、日本人にも人気の観光地ですが、気になるのがシンガポール人がしゃべる英語です。

シンガポールでは独特の「なまり」があるというのは有名な話ですが、では実際に旅行する際にそのなまりがあることにより聞き取れなかったり、一般的な英語が通じるかどうかが気になるかと思います。

今回は私がシンガポールにひとり旅で行った時に感じたシンガポール人のしゃべる英語のなまりに関してお話していきます。

スポンサーリンク

【シンガポールの英語のなまり】旅行者であればそれほど気にする必要なし

シンガポール・マーライオン

私がシンガポールに行った時に思ったのはそれほど彼らのしゃべるなまりというのは気にならなかったということです。

また、短期の旅行者であればそれほど彼らのしゃべる英語のなまりは気にする必要はないと思います。

その理由は以下になります。

  • ホテルのスタッフがしゃべる英語になまりは感じなかった
  • 単語が聞き取れれば特に問題なし
  • 移住するなら「シングリッシュ」になれる必要あり

 

ホテルのスタッフがしゃべる英語になまりは感じなかった

旅行の時に一番英語が必要になる場面は入国審査とホテルではないかと思います。

ぶちゃけシンガポールの入国審査は日本人は特に質問されることはなかったので、そもそも英語が必要ではなかった気がします。

しかし、ホテルでは英語が必要になることがあります。

  • チェックイン時
  • チェックアウト時
  • ホテルスタッフに質問や確認事項がある時

私の場合は帰国する飛行機が朝早かったので、前日の夜にホテルのスタッフに何時にタクシーを予約すればいいかを相談しましたが、この時に対応してくれた男性スタッフは普通の英語をしゃべっていたため、特になまりを感じることはありませんでした。

たまたまかもしれませんし、私の英語力がそれほど高くないからそう感じただけかもしれませんが、普通に聞き取ることができたので、ちょっと残念な気持ちになりました。

外国人客を相手にするため、一般的な英語をしゃべるよう意識されているのかもしれません。

 

単語が聞き取れれば特に問題なし

英語になまりがあったり、文法が少し違ったとしても単語さえ聞き取れればおおよそ何を言っているのかは分かるため、単語さえ聞き取れれば問題ないと思います。

日本語でも方言となると分かりませんが、単純になまっているだけであれば分かりますよね?

これと同じだと思います。

 

移住するなら「シングリッシュ」になれる必要あり

旅行者であればぶっちゃけそれほど英語を使う場面は限られているため、それほど気にする必要はないと思いますが、移住するなら話は別だと思います。

移住するということはシンガポールで仕事をすることになるため、シンガポール人とコミュニケーションが必要になりますし、プライベートでも付き合いが出てくると思います。

そのため、プライベートや仕事である程度の時間、彼らと会話をする必要がある場合に「シングリッシュ」という英語になれる必要があると思います。

スポンサーリンク

 

シンガポールの公用語は英語だけど他の言語も通じます

チャイナタウン

シンガポールは多民族国家になるため、公用語は何語なんだろうという疑問も出てきますが、彼らの公用語は英語になります。

 

公用語としては英語だから一般的な英語も通じます

シンガポールで使われている公用語は英語になるため、外国人がしゃべる英語も普通に通じます。

ただし、独特な「なまり」があるためにシンガポールとイングリッシュを掛け合わせ「シングリッシュ」と言われるようになりました。

彼らにとってはなまりという意識はないようなので、聞き取る側が少し苦労するだけで、外国人がしゃべる一般的な英語は彼らも聞き取ることができるため、基本的には英語でのコミュニケーションは可能となります。

 

英語以外に通じる言語もあり

シンガポールは多民族国家であるため、公用語としては英語ですが他の言語もしゃべることができるため、ほとんどの方がバイリンガルになります。

シンガポール人は大多数が中華系になるため、中華系のシンガポール人であれば中国語が普通に通じます。

そのため、もし英語に自信がないけど中国語がしゃべれる方であれば中国語で話しかければOKです。

また、インド系の方やマレー系の方もいますが、彼らも英語以外にも他の言語を話すことができます。

 

まとめ

シンガポールでは独特な英語を話すため少し心配になる方もいるかもしれませんが、私の実体験としては旅行する程度であればそれほど心配する必要はないと思います。

また、彼らの多くは中華系の人種になるため、英語ではなく中国語に自信がある方は中国語でコミュニケーションをとるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました