Tropicfeel Canyonのサイズ感を徹底レビュー!失敗したくない方要チェック!

TropicfeelのCanyon(キャニオン)シューズが気になっているけど、サイズ感が分からなくて困っていたり、口コミが気になっていませんか?

 

TropicfeelのCanyonシューズはサイズ選びが非常に難しく、多くの方がサイズ選びに悩んでいますし、まだまだ知られていないブランドになるため、口コミも気になると思います。

 

本記事ではTropicfeelのCanyonシューズのサイズ感やサイズ選びのポイント、サイズが合わなかった場合のサイズ交換について、TropicfeelのCanyonシューズがどのようなスニーカーなのか、口コミなどについてお話していきます。

 

Tropicfeel Canyonのサイズ感を徹底レビュー!失敗したくない方要チェック!

Tropicfeel_canyon

 

Tropicfeel Canyon(キャニオン)のサイズ感が分かりにくいという方のために、サイズ選びのポイントや実際の着用感などについてお話していきます。

 

Canyon(キャニオン)シューズ EU42(27.5cm)のサイズ感

 

 

今回私はEU42(27.5㎝)を購入しました。

 

公式サイトでは普段はいている靴の0.5~1cm大きめのサイズを推奨していますが、私が普段履いている靴はこちらになります。

 

  • アシックス:27㎝
  • ナイキ:28㎝※大きめで履いています
  • ニューバランス:28㎝※大きめで履いています

 

実際に履いたサイズ感としてはやや大きいという感じですが、紐をしばれば問題なく履くことができるサイズ感になります。

 

しかし、中には私と同じサイズのスニーカーを履いている方であっても、足の形は人それぞれのためちょうどよいと感じる方もいらっしゃると思います。

 

逆にワンサイズ下げたEU41(26.8㎝)を履いた場合はこちらになります。

 

 

一見ジャストサイズに見えますが、縦・横ともにかなりきつく、歩くとつま先が当たってしまうため、長時間履いているとつま先に痛みが出てくるでしょう。

 

そのため、普段27.0~27.5㎝のスニーカーを履いている方はEU42(27.5㎝)をおすすめします。

 

私の場合はEU42ですとやや大きい感じがしますが、こればかりは欧米人と日本人の足の形の違いもあるため、致し方ないかと思います。

 

ナイキやニューバランスと同じサイズを選ぶと失敗しないかも

Tropicfeelのスニーカーのサイズ選びはナイキやニューバランスと同じサイズを選ぶと失敗しないかもしれません。

 

TropicfeelのサイズはEU表記という日本人には馴染みのないサイズ表記のため、非常に分かりにくくなっており、さらに公式サイトでの通販のみのため試着して買うことができません。

 

事実、私も購入する際にサイズ選びにはめちゃくちゃ悩みました。

 

そして、悩んだ末に最初は選んだサイズがEU43(28.2㎝)ですが、みごとにデカかったです。

 

しかし、サイズを間違えたことで分かったこともあります。

 

それはナイキやニューバランスと同じぐらいのサイズ感ということです!

 

【Tropicfeel】スニーカーのサイズ感

 

【ナイキ】スニーカーのサイズ感

 

【ニューバランス】スニーカーのサイズ感

 

画像を見ていただくと分かると思いますが、すべて指2本がすっぽり入るくらいのゆとりができています。

 

※上からTropicfeel、ナイキ、ニューバランスになります。

 

そのため、目安としてはナイキやニューバランスのサイズになるかと思います。

 

ナイキ、ニューバランスのサイズを参考にする際はEU表記ではなく、あくまでも「㎝」を参考にしてください。

 

より確実なのは足の実寸を測ること

ナイキやニューバランスのサイズを基に選ぶ方法でも心配だな・・・

 

このような方は自分の足の実寸を測るようにしましょう。

 

実寸を測ったうえで、サイズを選んだ方が確実かと思います。

 

ちなみに私の足の実寸は以下になりますが、標準的なサイズになります。

 

  • 足長:26.2㎝
  • 横幅:10.6㎝
  • 甲の高さ:6.4㎝

 

私の感覚としてはナイキやニューバランスのサイズ感と似てはいますが、より確実なのは足の実寸サイズ+1㎝程度で選ぶのが最も確実ではないかと思います。

 

基本は実寸+1㎝で選び、横幅が広い、または甲が高い場合は+1.5〜2㎝で選ぶとよいと思います。

 

【Tropicfeel公式サイトを見てみる】

 

Tropicfeelのシューズは万が一サイズ選びを間違えても心配無用!

 

シューズをネットで買った場合にサイズが合わないと交換してもらえるかどうかという問題や返送する際の送料の問題があります。

 

しかし、Tropicfeelはサイズ選びを間違えてもそこまで心配する必要はありません。

 

1度のみなら条件付きで無料交換可能

Tropicfeelは1度のみなら条件付きで無料交換が可能となっております。

 

ただし、この場合は返送する際の送料は自己負担となってしまいますが、返送料もできれば負担はしたくないはずです。

 

返送料も負担したくなければ、商品レビューを投稿しましょう。

 

レビュー投稿することにより返送料が無料となります。

 

また、レビューを投稿する際にはできれば自分が普段はいているシューズのサイズなども記入されると他の方の参考になるかと思います。

 

無料交換の対応期間は30日となっており、試着程度で付属品がそろっている必要があります。

 

サイズ交換の方法

サイズ交換の方法はLINEのTropicfeel【問い合わせ専用】アカウントから行うことができます。

 

Tropicfeel【問い合わせ専用】アカウント

 

こちらでサイズ交換を希望すると、注意点が送られてきます。

 

また、このレビューを投稿することで返送料が無料になることも説明があります。

 

先にレビューを投稿した場合はレビューを確認後、返送先の住所を教えてもらえますので、あとはお近くの配送業者から送付すればOKとなります。

 

返送先の住所は発送された住所とは違うため注意してください。

 

Tropicfeel Canyonはスペイン発の旅行のために開発されたスニーカー

Tropicfeel

 

そもそもTropicfeel(トロピックフィール)と言われても「知らない」という方が多いかと思いますが、それもそのはず!スペイン発の海外ブランドになり、日本で発売が開始されたのは2021年になってからです。

 

TropicfeelではCanyon(キャニオン)とCALA(カラ)の2種類ありますが、海外旅行の時はCanyonがおすすめです。

 

マジでおすすめのスニーカーです!

 

Tropicfeel Canyonは世界中で大人気のトラベルシューズ

Tropicfeelはすでに世界中で大人気のトラベルシューズになります。

 

様々な環境でも対応できるスニーカーを作りたいという思いから、海外クラウンドファンディングにより資金を集めて作られたスニーカーになります。

 

また、このクラウドファンディングにおいてはシューズ部もにおいて歴代1位となる約3億円の資金調達に成功しております。

 

YouTubeにもCanyonの紹介動画があるため、興味のある方はご覧ください。

 

【Tropicfeelの特徴】4in1の多機能シューズ

Tropicfeel Canyon

 

TropicfeelはCanyonは以下4つの機能を備えたスニーカになります。

 

  • 水の中でも歩けるアクアシューズとしての機能
  • スポーツシューズの利点である通気性や軽量性による快適さ
  • ハイキングシューズとしても履ける滑りにくさ
  • 街中でも履けるデザイン性

 

Tropicfeelは旅行のためのトラベルシューズとして作られましたが、どんなシーンでもこの靴1足でOKとなるように作られています。

 

そのため、旅行好きの方はもちろんですが、アウトドアから日常生活でも問題なく履くことができるスニーカとなります。

 

Tropicfeel Canyonのおすすめポイントとデメリット

tropicfeel Canyon

 

ではTropicfeel Canyonのおすすめポイントをご紹介していきますが、多すぎるため、特におすすめしたい以下4つのポイントに絞ってご紹介していきます。

 

  • 軽量性
  • 水陸両用でサンダル代わりになる
  • 速乾性
  • カラバリ豊富

 

抜群の軽量性

ニューバランスの重さ

 

Canyonの重さ

 

軽量性はぶっちゃけ抜群です。

 

  • Canyon 27.5㎝:253g
  • ニューバランス996 28㎝:318g

 

サイズが違うため、ちゃんとした比較にはなりませんが、ニューバランス996よりも軽くなっており、実際に履いてみるとめちゃくちゃく軽いです。

 

そのため、国内、海外問わず旅行の時、日常のウォーキングで長時間歩いても、非常に軽いことに加えて、クッション性も良いため歩きやすいスニーカーになります。

 

水陸両用のためサンダル代わりにもなる

Canyonシューズ

 

これこそTropicfeel Canyonの特徴とも言えるのが、「水陸両用スニーカー」という点です。

 

スニーカーなのに水の中もOKというスニーカーは他には出会ったことがありません。

 

そのため、このスニーカーを持っていればサンダルは実質不要とも言えます。

 

今までは旅行先と日本の気温差がある場合にはスニーカーで行き、現地ではサンダルという事があり荷物が増えていましたが、余計な荷物が減ります!

 

私の場合はクロックスを持っていくことがありましたが、今後は持っていくことはないですし、買うこともないと思います。

 

クロックスはそれなりのお値段がしますが、ソールのスリヘリが早いですし、歩いていると小石が入ってくる、久しぶりに履くと靴擦れするということがありました。

 

また、皆さんはサンダルで水の中を歩いている時にサンダルが脱げてしったという経験はないでしょうか?

 

私は小学生の時にサンダルで川の中を歩いている時に脱げてしまい、足の裏を切った経験がありますが、このスニーカーではこのような心配がないため、水の中でも安心して歩くことができます。

 

さらに、私は海に行った時に帰る際にぬれた足に砂が付くのが嫌なのですが、このスニーカーであればこのような心配もないかと思います。

 

水陸両用のため、素足で履くことをおすすめしますが、臭いが気になるという方もご安心ください。

 

蒸れによる臭いお抑えるためにAgion®トリートメントが施されています。

 

抜群の速乾性

排水ホール

 

水陸両用でサンダル代わりになるため、速乾性も抜群です。

 

水の中もOKというのに乾くのに時間がかかってしまうのは本末転倒です。

 

この速乾性を可能にしているポイントは以下の2点です。

 

  • メッシュ素材
  • ソール部分の排水ホール

 

メッシュ素材でできているため速乾性が高くなるのは当たり前と言えば当たり前ですね。

 

しかし、注目はソールにある排水ホールです。

 

この排水ホールがあることによってソール部分に染み込んだ水を排出してくれるため、速乾性がアップしています。

 

Canyonは9色展開のためカラバリ豊富

このスニーカーは現時点では9色展開となっているため、カラバリが豊富と言えます。

 

そのため、自分の服装に合わせたカラーを選ぶことができます。

 

現在の展開カラーは以下になります。

 

  • コアブラック
  • セイジグリーン
  • オールネイビー
  • アスファルトグレー
  • ローズウッドレッド
  • ワサビグリーン
  • フレッシュブラック
  • ナチュラルオート
  • ナイトブルー

 

カラーによっては在庫限りとなっているため、気になるカラーがあれば購入はお早めにどうぞ!

 

【Tropicfeel公式サイトを見てみる】

 

【その他のおすすめポイント】

  • トラッキングシューズ並みの滑りにくさ
  • スリップオンのため紐を結ぶ必要がない
  • ユニセックスのためメンズ・レディースともにOK
  • 洗濯機で丸洗いOK※インソールは手洗い推奨

 

Tropicfeelのデメリット

このスニーカーにもやはりデメリットはあります。

 

デメリットはこちらになります。

 

  • 通販のみのため実店舗で買うことができない
  • サイズが日本人には馴染みのないEU表記のためサイズ感が分かりづらい
  • 寒い時期や寒い地域には不向き
  • メッシュ素材のため水中では細かい砂が入りやすい

 

一番のデメリットとなるのがTropicfeelの公式サイトのみであり、サイズが馴染みのないEU表記であることです。

 

実際に多くの方がサイズを間違えたというレビュー内容になっています。

 

また、生地がメッシュ素材のため寒い時期や寒い地域に履いていくと足が寒くなるため、旅行ならどこへでも履いていけるというスニーカーではありません。

 

Tropicfeelの口コミ

全然聞いたこともない海外ブランドのため、口コミが気になる方のために公式サイトに掲載されている購入者の口コミもいくつかご紹介いたします。

 

外反母趾も痛くない❗
セイジグリーン、アスファルトグレーに続き、フレッシュブラックも購入しました。
ひどい外反母趾で、靴探しには本当に苦労していましたが、このシューズに出会ってからは、通勤、休日の外出、旅行も全てこれ一足でオッケー!
足が痛くならないので、いつまでも歩いていられます。ちなみにサイズは通常24~24.5cmなので、EU39でピッタリです。最初はきつめですが、履いているうちに馴染んできます。超オススメです!

 

2足目の購入
今回で2回目の購入です。
1足目は約1,200kmの歩きの旅で使用しましたが、強度、履き心地共に大満足。
1足目がジャストサイズすぎたので、少し余裕を持たせようと1サイズ上げたら大きすぎてサイズ交換してもらうことに…
普段履いている靴のサイズは26.5cm、1足目は41、2足目は42を注文しました。
交換の対応は迅速かつ丁寧でした。

 

履き心地◎
実寸25.5センチ程ですが、おすすめにもあったように大きめのEU40を購入しました。足入れがしやすく足底の心地もとても良く、履いていて疲れにくい印象です。あと、短い靴下でも靴下が脱げにくいも良かったです。

 

履き心地、デザインともに◎です
HPの画像通りのデザインと、軽いながらしっくり履き心地でした◎
普段のサイズより1サイズ大きい方がいいとレビューにあったので、一つ大きいものを頼みましたが、少し大きかったためサイズ交換を依頼しました。
サイズの選択は個人差があり難しいです。
ですが、アフターフォローもしっかりしているので安心してサイズ交換をお願いすることができました。
商品到着時に交換の手順や段取りの記載があればなお親切かと思いました。

 

ガシガシ歩けます!
天候に関係なくガシガシ歩ける靴を探していて、とうとう出会いました!毎日の犬の散歩からお山に行く時も街に買い物に行く時も毎日フルで使っています。
履き心地は足に心地良くフィットして軽くて、その割に底面は守られてる感じがして、どこまでも歩けそう。
あまりにも毎日履くので、近々2足目もこちらで購入しそうです。
横幅が広い足の私(いつもは24.5センチ)はいつもより1センチ大きいサイズを選びましたが、もうワンサイズ大きくても良さげです。今のサイズただ履けないことはないのですが、本当にぴったりって感じです。
購入時、かなりわがままなお願いをLINEでしたのですが、応えてくださりありがとうございます。

 

Tropicfeelのレビュー

 

Tropicfeel Canyonはこんな方におすすめのスニーカー

TropicfeelのCanyonは私個人としては非常におすすめのスニーカーとなりますが、以下のような方には特におすすめできるかと思います。

 

海外旅行好き

Tropicfeel Canyonは海外旅行のために開発されたスニーカーになるため、海外旅行が好きな方には特におすすめかと思います。

 

海外旅行の際には街中を散策するのが好きな「シティー派」とリゾート地でゆっくりする「リゾート派」に分かれると思いますが、どちらの場合でも問題ありません。

 

海外旅行が好きな方であれば1足は持っておいて損はないスニーカーではないかと思います。

 

山、川、海などでのアウトドア好き

水陸両用のため、山、川、海でのアウトドアが好きな方にもおすすめできるスニーカーとなります。

 

このスニーカーを履いていれば水の中にも気にせず入ることができますし、スニーカーのためサンダルよりも足元が安全です。

 

滑りやすい岩の上でもトレッキングシューズ並みのグリップ力もあるため安心感があります。

 

旅行の時に人と被らないスニーカーを履きたい

国内、海外問わず旅行の時に人と被らないスニーカーを履きたいという方にもおすすめできます。

 

日本では2021年から発売が開始されたスニーカーでり、日本での知名度はまだまだ低いため、このスニーカーを持っている人も極わずかとなります。

 

そのため、旅行の時に人と被らないスニーカーを履きたいという方にもおすすめできます。

 

購入時に使える5%offクーポン:324

 

【Tropicfeel公式サイトを見てみる】

 

まとめ

Tropicfeel Canyonのサイズ感は私個人としてはナイキやニューバランスと同じサイズを選べば間違いはないかと思いますが、1番おすすめの方法は自分の足の実寸を測ることです。

 

そして、実寸+1㎝を目安にサイズを選んでみてください。

 

間違っても普段履いているサイズよりも小さいサイズを選ばないようにしましょう。

 

もし、サイズが合わない場合は1回は無料での交換が可能となるためご安心ください。

 

まだまだ、日本では知名度の低いブランドになるため、買うなら今がチャンス!

 

海外旅行が好きな方は是非とも1足は持っていてほしいスニーカーになります。

タイトルとURLをコピーしました